有機(オーガニック)とは

【日本有機JAS認定】
有機JASマークは、農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然界の力で生産された食品を表しており、農産物、加工食品、飼料及び畜産物に付けられています。この「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。
詳しくは農林水産省のページをご覧ください。

【アメリカUSDAオーガニック】
アメリカでは、農務省(USDA:United States Department of Agriculture)傘下の全米オーガニックプログラム(NOP:National Organic Program)という制度により、オーガニック食品の認証が行われています。
「オーガニックとは、認可された手法で生産された食品、あるいはその他農業製品のことを指す、表示用の用語である。その手法とは、資源の循環を育み、生態系のバランスを整え、生物多様性を保護することが可能な、文化、生物、機械を使用して行う農法を取り入れたものである。合成肥料や下水汚泥、放射線照射、遺伝子操作は使用してはならない。」
*英語原文はNOPウエブサイトを参照。

【EUオーガニック取得】
EU有機(オーガニック)認証とは、第三者の認証機関が、EUの有機農業規則に従って生産された農産物であることを証明するものです。日本有機JASと同等性を持っています。

HALAL認証:イスラム教の戒律に則って調理・製造された商品であることを証するシステムのこと。ハラール(ハラル)とはイスラム法において「合法なもの」の意味
KSA認証:「コーシャ(カシュルート、コシェルとも)」フードとは、ユダヤ教徒が食べてもよいとされる「清浄な食品」のこと。
OKO-GARANTIE:ドイツの有機認定機関です。

日本有機JASを受けた商品

日本有機JASを受けた商品には必ず<有機JASマーク>がついております。JASマークの下に必ず認定機関名があることが必須です。認定番号まで入っている場合もあります。
※JASマークだけの物はご注意ください。

PAGE TOP